Read more

時は乱れて

私にとって仕事や人生の辛さを忘れる手段は、援助交際と読書に他なりません。特に、SFなど現実離れしたものほど、日常の瑣末な事を忘れて没頭できます。今回ご紹介するのは、 フィリップ・K・ディックの『時は乱れて』。1959年の作品の復刊です。以下、amazonのあらすじ。この町でその男の名を知らぬものはいなかった。レイグル・ガム。新聞の懸賞クイズ“火星人はどこへ?”に、2年間ずっと勝ち続けてきた全国チャンピオンだ。だが彼...