スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだミルクの匂いがしそうなセーラー服美少女と援交


sample00.jpg

朝から終電近くまで働くリーマンにとって、電車で見かける****は眩しい存在ですよね。
友達同士で学校の話をしていたり、部活バッグを重たそうに抱えていたり、
スマホいじって笑顔になっているのを見ると、とても癒やされます。

かつては「****なんて遊んでばかりで羨ましい」と思っていたのですが、
援●を重ねるうちに、彼女たちなりの青春の悩みが多々あるのがわかりました。

進学、家庭、恋愛…etc. 小さな体に悩みがいっぱい詰まっているのです。
たった20年足らずの人生を、毎日毎日スゴく頑張って生きているんです。

彼女たちが打ち解けて、学校や彼氏、友達の話をしてくれると、
なんだか青春時代に逆戻りしたような幸せな気持ちになれるのです。

そして、そんな****たちとの援●SEXは
罪悪感と征服感で異常な興奮を喚び起こします。

彼女たちを知れば知るほど…チンポは激しく勃起します。
きっと、自分自身が青春時代にまともな恋愛・SEXができなかった反動でしょう。
同級生とSEXできなかった後悔が、オヤジになった今、爆発しているのです。
これが、危険と知りながらも僕が援●を続けている理由です。

今回は以前援●をした子のC時代の友達・瑠奈と出会いました。
前日も深夜まで仕事をしていたため、チンポが勃つか不安でした。
正直、アラフォーともなるとややED気味です。
しかし、瑠奈と会ってすぐに不安は吹き飛びました。

「まだミルクの匂いがしそうな幼い女の子」

そんな表現がぴったりの子が待ち合わせ場所に現れました。
えっ?C?と思わず聞いてしまったほどの148cmという小さな体。
真面目さがにじみ出ている黒髪。

そして何より、自分の大好きな大好きなセーラー服。
会った瞬間…恥ずかしながら…四十路を前にして「恋」をしてしまいました。

アラフォーオヤジが、****に恋愛感情を抱いてしまったのです。
runa01.jpg

会社での辛いことや上司の小言もすべて吹き飛びました。
この子がどんな学校生活を送っているか知りたいと思う反面、
思いきりSEXしたい、膣穴でチンポをシゴいて射精したい…
そんな悪魔の囁きが胸にまとわりついて激しく勃起しました。

話せば話すほど、素直ないい子です。
最近パパとは仲が悪いこと(聞けば自分と同世代のお父さんでした…)、
成績が悪くてママに叱られてばかりなこと(ママも美人とのこと)、
学校の先生が厳しくて、なかなかオシャレができないこと…etc.

まだ自分のことを話すのにまだ照れがあるようでしたが、
はにかみながら、迷いながら、頑張ってお話してくれます。
真面目な頑張り屋さんなのが、ひしひしと伝わってきます。

ほんの数十分で瑠奈のことが大好きになりました。
さっき会ったばかりなのに人生で一番愛おしい存在に思えてきたのです。
青春時代に出会っていたら絶対に恋人になっていたはずです。

愛おしさのあまり、艶のある黒髪を撫で、セーラー服の生地を触っていたら、
もうガマンができなくなってしまいました。

チンポはまるで14歳の頃のように鋭い角度で勃起し、
「この子宮を孕ませたい」とでも言うようにカウパー汁が溢れ、
気づけば野*のように、小さな体に乗っかって腰を振っていました…。

通学で履いている制服スカートにおびただしい量の射精を終えたあと、
いつもとは違う妙な罪悪感が生まれていました。
大切なものを穢してしまったような不安な気持ちです。
援●でこんな気持ちになったのは初めてでした。
runa01.jpg
おそらく、これが恋でしょう。

今はまだ援●の関係ですが、将来は結婚できたらいいな、と思っています。
よろしければ、僕の将来の奥さん(恥)とのラブラブSEXを見てください…。

スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。