援交クソジジイと呼ばれて…(その7)

現役JKの尚子を抱き終え、
精液で汚したスカートを見つめながら私は激しく後悔をしていました。

援助交際をしたことに対してではありません。

この初めての援助交際を何らかの形で残さなかったことに対してです。
今、こうして当時を思い出しながら文字として書き起こして、
なおのこと後悔は募ります。

写真でもビデオでも盗撮でも、その手段を取るべきだったのです!
世の中に溢れる「本物援交ビデオ」は数あれど、
「自分が男優」のビデオほど興奮するものは無いはずです。
我ながら愚かでした。

しかしながら、無事に自宅へ帰り着いて別の恐怖も生まれました。
「危ない行為、違法行為をしてしまった」
「ロリコンとして超えちゃいねないラインを越えてしまった」
と、初めてコトの重大さに気づいたのです。
心底、震え上がったのです。

尚子から私へ辿り着く証拠は消してあるので、
身に危険が迫ることは無いはずですが、
「今後こういった行為(援交)は一切するまい」と固く誓いました。

しかし、誰もいない狭い部屋でポツンと孤独になると、
数時間前、現役JKと過ごした時間のなんと華やかだったことか、
そしてなんと興奮した時間だったのか、と思い出されました。

ついつい、尚子とのセックスを思い返しながら、
二度、三度とオナニーをしてしまいました。
罪悪感と興奮が一気に押し寄せ、この上ない射精を味わいました。

それからの私は、毎日腑抜けのようになりました。
仕事も手につかず、会社でも現役JKの肌の感触を思い出しては勃起していました。
それほどまでに、アラフォー男にとっては興奮の体験だったのです。

以来、電車内で女子高生が楽しそうに話しているのを目で追っていると、
自分の目は完全に「獲物」を見る目になっていました。
私は、完全にオカシくなってしまったのです!

気づけば、私の中に生まれた「援交クソジジイ」が、
悪魔の囁きを繰り返すようになりました。

「またJKを買えばいいんだよ…」
「あの若い肌と未熟な膣穴でチンポ擦りたいだろ?」
援交クソジジイに変身してしまえ…」

私が再び援交クソジジイのマスクを被ったのは、そのたった三日後でした。

そして、狂ったように現役JKとの援助交際を重ねるようになってしまいました。
私は身も心も、最低最悪の援交クソジジイに乗っ取られたのです!
オチンチンが、JKの穴を常に欲しているのです!!

今でこそあらゆる規制にがんじがらめですが、
当時は出会い系サイトもミクシーも全盛期。

しかし、現在でもtwitter、LINEというツールもあります。
ほんの少し前までは「女子高生見学倶楽部」「JKお散歩」もありました。
ちょっと本気で探してみれば、
現役JKと出会う手段などいくらでもあるのです。

時代や手段は変わっても、JKを買う手段はいくらでもあるのです。
彼女たちの金銭欲がある限り、そしてJKを買いたい男がいる限り、
援交クソジジイ」は増え続けているのです!
「売春」という世界最古の商売は、永遠に無くなることはないのです!

ここまで言って、まったく矛盾しているのは承知ですが、
最後に、援交を始めようとしている中年男性へ警告します。

どうか、その行為を思いとどまってください。
貴方には明るい未来、明るい家庭があるはずです。

ほのかに香る甘いシャンプーの香り、
学校の匂いが染み付いた制服、
フレッシュなピチピチの肌、
発達途中の未成熟な膣穴…

それらに、貴方の幸せを壊す価値は本当にあるのでしょうか。
どうか、思いとどまってください。

このようなネットの片隅の誰も読まないブログで、
警告することに意味はないのでしょう。

ただ、第二、第三の援交クソジジイが爆誕し、
少女たちがその毒牙にかかることだけは、
なんとしても阻止したいと思うのです!
援交クソジジイは、私で終わりにしたいのです!!
犠牲者は私だけで十分なのです!!!

はぁはぁ…すみません、少し興奮してしまいました。

とにかく、援交世界に足を踏み入れた哀れなロリコンの末路を
以後、私が身を持ってすべて晒していこうと思います。

皆様のような「健全な」ロリコン諸氏は、
私の滅亡を見届けてから、援交するか否か決めていただきたいのです。

この快楽地獄の先にあるのは、おそらく「逮捕」という厳しい現実でしょう。
私のブログの更新が止まった時、それがその時だと思ってくださって結構です。

そう長くない限られた時間の中で、
私は私に生まれた「援交クソジジイ」との決着をつけたいと思います…

おわり

初めての援交で「ビデオ撮ればよかったなぁ~」と後悔して以来、
JKちゃんとのハメハメセックスを撮りまくってます!
次回より、私の現役JKとの援交ビデオを紹介していきますね~!
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!