美少女JKアリスとの出会い…(その1)

私が援交クソジジイと化した初めての援助交際での後悔は、
「ハメ撮りをしなかったこと」でした。

ただ思い出すだけでなく、
少女との淫行を何度も繰り返し見たいという欲求は高まる一方でした。

以来、現役JKとの会ってセックスする際、
「撮影ができるかどうか」
を聞くようになりました。

もちろん、セックスを撮らせてくれるような女の子はごく稀です。
ほんの少しお小遣いアップしただけで、
一生残るようなアブない映像を撮らせてくれる子は皆無といっていいかもしれません。

ただ、アリスは、そんな稀有な少女の一人でした。

メールのやり取りの段階から、
「写メをくれ」といえばすぐに送ってくれる、とても従順な子でした。
見せてもらった写メはそれはそれは可愛らしいものでした。
alice001.jpg
写メを見ただけで、会ってセックスをしたくなりました。
私の中の援交クソジジイがムクムクと顔を出してきます。

撮影がダメでも援交セックスだけはしよう、
そう心に決めつつも、期待を込めて彼女に問いかけました。

君とのセックスを撮影したい

現役時代の美しい君を、是非映像に残しておきたい


我ながら歯の浮くような言葉でしたが、
アリスの返答は驚くべきものでした。

つづく
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!